安さに惹かれて業者を選んでしまうと大変なことに・・・

引越し料金はできる限り安くしたいのが人情というもの。でも、安さだけにとらわれていると思わぬ失敗をしてしまうこともあるんです。

その前に・・・引越しのご予定のあるあなたは、どこの業者を利用するか、もう決めていたりしませんか?

hyogo7 (4)

もしそうなら、この時点で既に損をしてしまう可能性が大!なんです。

なぜなら・・・

「以前、利用したことがあって安かったから」という理由からだとしたら、、、

今度も安いとは限らないからです。例えば数年前の冬にサカイ引越センターを使って安かったから、今回も同じような料金で済むのかといえば、まったくそうじゃないんですね。引越し料金というのは相場と言われる通り時期によって変動するものなのですよ。

また、テレビCMで盛んに観る大手の引越し会社にしようと決めているとしたら、、、

まず間違いなく安い引越しはできないでしょう。だって他にもっと安い業者があるんですから! そもそもCMをするような大きな会社は料金割高なんですよ。

引越し予定日のその日にどの会社が安いのか?、まずはこれを知る必要があるんです。

で、これは現在では簡単です(昔は大変でしたが)。ネットで一括見積もりができるサービスを利用すれば一発OKです。

タダで使える素晴らしいサービスなのです。覚えておいて絶対に損はありません!

引越し費用を安く済ますことができるプランは?

hyogo7 (5)

荷物の量が多い場合は、プランやサービスなども変化していくので荷物量は引越し費用のポイントになります。引越しというものは、様々なプランがあります。こうしたプランをきちんと見極めていくということがとても重要なことです。荷物の量というものは、引越しの業者さんにとっては必要な人員やトラックの大きさなど様々なコストがかかっていくということになります。長距離の場合も費用が違ってくる場合があるので、事前にとっかりとした見積もりを作ってもらっておくということがとても重要なことになります。

引越しというものは、様々なものが必要になります。このような引越し費用のポイントを確認しておくということは、引越しをしていくということにおいてもとても重要なことになっていくものです。引越しというものは、色々な人が関わっていくものであり多くの人が経験するものです。こうしたポイントをきちんと踏まえておくということによって次の引越しををするという時においてもとても重要なことになっていくものです。

引越しというものは、こうしたポイントというものが大事なものであり、とても役に立つものです。引越しのポイントを押さえておくことによって様々な利点が発生していくので、こうしたポイントは常に新しいものを知っておくということは引越しをするという時にはとても頼りになるものです。引越し費用のポイントはこれから行おうと考えている人には特に大事なものです。

hyogo7 (6)

引越し業者の種類について簡単な説明を

現在、引越し業者は大小様々な業者が参入しています。大手の引越し業者は、テレビCMで馴染のように名前が知れ渡っていますが、地域に密着した中小規模の引越し業者も顕在しているのです。大手の引越し業者は、母体の大きさを生かして幅広いサービスを展開しており、荷造りや荷解きのサービスは当たり前になっています。ただ、大手引越し業者間の顧客獲得での競争は激しいものになっており、独自のサービスを売りにしているところが目立っています。

引越し作業の前に、作業員全員が自己紹介を行うものや、新居への荷物を入れるときは新品の靴下に履き替えることも行われています。しかし、大手引越し業者の引越費用は全てこうしたサービスを含めていることがありますので、割高な料金設定となっています。地元密着の中小規模の引越業者は、独自サービスを展開せずに顧客に作業してらうところはやってもらい、その分料金を低く設定しているところが目立ちます。
hyogo7 (3)
引越し業者の発端は、運送業者が引越しの荷物を運ぶ作業の一環で、荷物の積み入れや荷降ろしを手伝ったところからはじまったと言われています。現在でも、運送業と引越業を兼業する業者と引越業のみの業者に分かれています。引越業のみの業者は、手厚いサービスで顧客獲得をしており、運送業と兼業の業者は運送ネットワークの広さを生かした柔軟な運送サービスを提供しています。どちらを選ぶかは、引越す場所や距離、荷物の量などで双方のメリットを生かせる引越し業者となりますので、見積もりを取って比較してみるとよいでしょう。

迷っていませんか? 大手引越し業者にするか地元の業者にするか

hyogo7 (1)
引越し業者と言うと、テレビCMで馴染みの大手引越し業者は大抵の人は知っているのですが、地元で営業している地方の引越し業者となると営業店も少なく、地元の人にしか知られていないことがあります。大手引越し業者は、まさに母体の大きさを生かして国内の引越しだけでなく、海外への引越しも手掛けていますので飛行機の手配から出国手続きなど細かいサポートがあります。

また、幅広いサービスメニューを用意していますので自分が必要とするサービスを選んで代わりに作業してもらうことができます。引越しは色々なことをやったり手続きがありますので、引越し業者に代わりにやってもらえる作業があれば有料とはなりますが、依頼したほうが自分は別のことをやることができますので、やり忘れなどが少なくなると言えます。大手引し業者では、引越し作業をマニュアル化し、スタッフの教育もしっかりしていますので基本的にどこで頼んでも同じサービスを受けることができます。

しかし、引越しは何が起こるか分かりませんので、大手の場合融通性はあまり利かないようです。その点、地元の中小の引越し業者は会社の規模やスタッフの数には及びませんが、顧客の要望を細かく聞いてもらえるようです。また、引越し料金も基本的な荷物の搬出搬入と運搬であれば大手引越し業者よりも割安に引越しが行えたりします。単身で荷物が少なく引越しに慣れた人なら、地元の中小引越し業者を選択したほうが割安で日程や時間などの融通が利くのではないでしょうか。

引越しはピークとそうでない時期が激しい

3月と4月の春の季節は、企業や官公庁の人事異動や新入学と、新しい生活の場へと引越しが集中する時期になります。この時期の引越し業者は、どこも猫の手も借りたいような多忙になり、早くから引越しの予約を入れておかないと引越し業者に引越しを依頼することは大変難しくなります。しかし、引越す側としてみれば待ったなしで新しい場所に引越さなければならず、引越しをする需要に対して供給する引越し業者が不足してしまっています。

では、引越し業者は儲かるからと言って新規参入しても、利益を確保できる保証はありません。

確かに、3月と4月の引越しの需要は多いのですが、人事異動や新入学の時期が落ち着いてしまうと草々に引越しがあるわけではありません。大方の引越し業者は、引越しのピークとなる時期のみアルバイトを大量に雇い入れて対応しているようです。ピーク時の引越量に合わせて、正社員の作業員を雇い入れていては閑散時期になると社内失業の社員で溢れてしまいます。大手引越し業者になると、営業担当と作業員を兼務している場合が多く、営業担当は顧客からの要望や指示を受けて的確に作業員の指揮監督を行っています。

また、引越しの閑散時期に社員の引越し作業のスキルを上げるための研修を行うところもあります。たまたま、引越し希望日と社員研修日がかさなってしまうと、閑散時期でも作業員を確保できないことから希望通りにならないことがあります。例え、希望日で依頼が叶ったとしても正社員の作業員ではなく、臨時に雇い入れてアルバイトが引越し作業にあたることがあるようです。

コメントは受け付けていません。